日本人のほとんどは、食べ放題で出てくる蟹はあまり美味しくないものだというイメージや実体験をおもちでしょう。
しかし、そこには誤解があります。

お得なだけでなく、美味しく新鮮な蟹をちゃんと出している食べ放題もあるのです。食べ放題の中でも、ちゃんとした蟹専門店や、蟹の産地での食べ放題なら、水揚げされたばかりの美味しい蟹に舌鼓を打つことができます。
ですが、正真正銘の極上ランクの蟹を食べたい方なら食べ放題よりも、ちゃんとしたブランドの蟹を購入することを推奨します。

いよいよシーズン到来! 蟹が美味しい時節です。無類の蟹好きである私は、美味しい蟹に巡り合うため、北海道の蟹の産地を訪れることが、この時期欠かせないおヤクソクになっています。北海道は蟹のメッカ。中でもおきにいりのおみせは、旧知のしり合いが経営する、道南・函館市の蟹料理専門店です。
ここは本当にお勧めです。

蟹の刺身、焼き蟹、茹で蟹、蟹しゃぶなど、美味しい蟹料理を振舞っています。もうすぐ今年もその店を訪れることができると思うと胸が躍ります。蟹通販の利用を検討するにあたり、多くの方が気にされるのは蟹が新鮮かどうかわからないということだと思います。
皆さんがこれまで蟹通販で蟹を買ったことがないのなら、なんだか鮮度が悪いように思うのでしょう。

しかし、実際の場合、通販の鮮度は決して一般販売に劣るものではありません。

蟹通販の蟹は大抵の場合、漁場からの直送ですから、一般的なおみせで売られている蟹よりもより鮮度が高いといえるのです。

人気の蟹通販といってもどんな商品を買えばいいのでしょう。一番のオススメは、ポーションタイプの商品です。

これは、殻の剥かれた蟹の脚を詰め合わせたセットです。
「えっ、一番おいしいのは活蟹でしょ?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、素人には身をさばくだけでも大変です。そうした煩わしさ抜きで、簡単に蟹を味わうには、活蟹よりもあえてポーションの蟹を選び、蟹鍋をするのが最も幸福感を得られる味わい方でしょう。

一方、蟹ミソや甲羅酒の魅力も捨てがたいという方は、蟹通販ならキズモノなどの訳ありで安くなっている蟹が買えるので、リーズナブルに美味しい蟹を味わうことができます。皆さんも蟹通販でお得に蟹を楽しみましょう!今も昔もグルメの代表格である蟹。
蟹の醍醐味といえば、なんといっても丸ごとで買うことでしょう。

丸ごとよりも、脚だけなど「不完全」なセットが安価に買えることで有名ですが、それなりの品種と大きさで妥協すれば、丸ごとでもリーズナブルにおもとめできるものが実は多いのです。

私は断然、丸ごと買いをお勧めしたいです。

蟹を美味しく味わうには、たっぷりのお湯で蟹を丸ごと茹でること、これがベストです。

それなら風味を損ねることもありませんから、身肉も蟹ミソも蟹本来の旨みがぎゅっと詰まって美味しいのです。

正月に食べるカニを準備する時節がやってきました。
毎年、うちではカニは定番です。正月におせちと食べる蟹は、食べ応えのあるタラバガニやカニ味噌がおいしい毛蟹も食べてみたいものです。
お節料理は用意せず蟹だけ食べまくる家庭もあるかもしれませんね。おせちづくりの手間を考えれば、蟹のほうが主婦のしごとは楽でしょう。プロも認める、活き蟹の上手な捌き方を皆様に伝授しましょう。

甲羅側が下、おなか側が上になるように蟹を置きます。
そしてまず、「ふんどし」と呼ばれる、おなかの三角形の部分を引き剥がします。

割と簡単に剥がれます。

次に、包丁を使い、蟹のおなかを真っ二つに割ります。 その後、甲羅から足を取り外します。腹の切れ目を中央に、手で折り曲げるようにして外しましょう。

胴の部分についたエラや薄皮は、指で細かく取り除いておきましょう。

胴の蟹ミソは落ちやすいので、フォークやスプーンでかき出して甲羅に入れておきましょう。ここまでで形になりました。

最後に、調理バサミや包丁で脚を切り、食べるときに身を出しやすいように、表面に切れ目を入れておくというのが捌き方の基本手順です。

現在、多くの業者が「ワケアリ」の蟹を取り扱っています。

本記事でもあえて皆様にお勧めしているのにはそれなりの理由があるので、ご説明します。蟹通販と対比されるものといえば実店舗での購入ですが、これは品質や状態が保証されている分、値段もそこそこ(というか普通に)するので、中々普通よりもお得に蟹を買うのは難しいです。

通販と実店舗の違いはここなのです。

蟹通販ならば、普通の店頭では売り物にならないようなキズモノでも、安く買いたいお客様むけに「訳あり蟹」として売っており、形を気にしない人にとってはこの上なくお得な買い物なのです。

はじめてカニ通販でお取り寄せしたのは、カニ好きな息子の誕生日におなかいっぱいカニをたべさせてあげたかったからです。

なるべく大きいカニを入れたかったので、7L~8Lサイズの浜茹でズワイガニの向き身セットをお取寄せしました。

家族みんなの感想は、文句のつけようがなく大満足でした!蟹は旬の贈り物としてもポピュラーです。

おしり合いや家族に、お歳暮として新鮮な蟹を贈るというケースが多くなってきました。

しかし、考えなしに送るのは危険です。
蟹は新鮮さ命です。
鮮度が損なわれれば、それだけ美味しくなくなりますし、運が悪ければ食あたりの危険さえあります。

最悪の事態を招かないためにも、ちゃんとしたおみせかどうか、購入前によく調べて下さい。

相手が留守にしそうな時間がわかっている場合、そこを避けて送ることも忘れてはなりません。

TVの通販チャンネルで蟹通販の宣伝を見かけ、一度は通販で蟹を買ってみたいとお考えの方もいるかもしれません。しかし、情報源がテレビだけではもったいないです。ネット上でも、テレビと同じような値段で蟹通販が利用できるのか、先に検索してみることを推奨します。なぜお勧めするかというと、一般にテレビ通販よりネットの方が良いものを、お得な値段で買える場合が多いからです。

一方、安心を重視し、無用なリスクを避けたいという方は、テレビ通販の方がネットとくらべてリスクは少ないので、あれこれ気にしなくて済むので良いかもしれませんね。
蟹にも、獲れる地域や品種によって、イロイロなブランドがあります。それぞれへの好き嫌いは、個人ごとにさまざまありますので、蟹通販の利用をご検討されている方は、種類の違い、それぞれの特長を押さえておくことが必須かもしれません。

蟹の中でも特に多くの人から人気があるものとしては、まずタラバガニやズワイガニが挙げられるでしょう。鉄則としては、サイズが大聞く、そして新鮮な蟹を選ぶ人が多いようです。
蟹通販は品揃えが豊富な分、活蟹やボイル済のポーションなど、どの種類を選べばいいか悩んでしまう人もいるでしょう。
どちらがいいかは、蟹を食べる際のスタイルによっても左右されます。

代表的な食べ方の一つである蟹鍋の場合、ポーションタイプの商品を買えば、調理が簡単でおすすめです。また、蟹しゃぶで味わいたい方は、生冷凍か活蟹を選択するのが最も美味しく味わえます。以上のように、味わいたい方法に合わせた商品を買うことで、便利な蟹通販をさらに快適に利用する事が出来るのです。
この時期に美味しくなる渡り蟹は、ワタリガニ科に分類される大型の蟹で、ガザミともいい、かつては東京湾でも獲れたそうです。現在では有明海や瀬戸内海といった浅海に生息します。
近年、国産品は貴重になってきています。

甲羅の部分だけで15センチメートル以上になる大型の蟹ですが、殻は比較的薄く、特にメスの卵巣が格段の美味として知られ、また蟹ミソや身の肉も美味しいので、古くから愛され、かつては食用の蟹といえば渡り蟹を指していたほどでした。
調理法としては、塩茹でや蒸し蟹などにするのが最も普通の食べ方のようですが、味噌汁の具や、パスタにも使われる、用途の広い食材といえます。
これからの時期、美味しいのが蟹ですが、蟹にはタラバ蟹や毛蟹などさまざまな種類があるため、蟹を食べなれていない方は、ぜひさまざまな蟹を食べくらべてみることをお勧めします。

中でも最も美味しいと言われているのは、まずはズワイ蟹です。この蟹の特長としては、身には強い甘みがあり、身だけではなく蟹ミソも、とても濃厚で美味です。
また、小ぶりな見た目で、甲羅の表面がつるつるしている点が特長の一つだといえるでしょう。活カニお取り寄せ!厳選通販サイト