グルメの王道である蟹。蟹を最も美味しく味わえるのは、蟹の旨みを閉じ込めた茹で蟹、そして蟹鍋です。
これまでに多彩な調理法で蟹を食べてきましたが、間ちがいなく沿う思います。その利点はどんな蟹でも美味しく食べられることです。

蟹しゃぶや刺身は生のままという特長上、鮮度が落ちると味も良くありません。蟹の食べ方として塩茹でや鍋が良いと言われる理由がそれです。

それならそこまで新鮮ではない蟹でも美味しく頂くことができます。

この食べ方なら、もし味に物足りなさを感じ立としても土佐酢などのタレを少し工夫するだけで、立ちまち美味しくなります。

美味しい蟹が獲れる地域は限られています。

でも、今では、ネットの蟹通販を利用して、いつでも各地の蟹をお取り寄せできるためす。
蟹通販といっても、扱っている蟹は様々ですが、多くの方が美味しいと口を揃えるのがズワイ蟹です。
ズワイ蟹は、蟹本来の美味しさを最も凝縮した品種と言えます。
蟹の身が持っている「甘み」がたっぷり詰まっています。どこでいつ水揚げされたかによって味のグレードが左右されるので、山陰で獲れる松葉ガニ、越前で獲れる越前ガニなどブランド蟹を選ぶのがよいでしょう。蟹をさばくのは難しいものです。
活蟹のさばき方を簡単にご説明します。

最初はお腹が上になるように蟹をまな板の上に置き、腹部の三角形の部分、いわゆる「ふんどし」を外します。

包丁の根元の方を使い、甲羅が傷つかないように腹を正中から真っ二つにします。

腹の切れ目を支点に、手で折り曲げるように足を胴体から外します。胴の内側のエラや薄い膜は食べられないので、指で外しておきます。

甲羅を裏返し、蟹ミソをまとめて入れておきましょう。

最後に、食べやすくするため、足を関節の部分で切り離し、その表面にやはり包丁や調理バサミで切り込みを入れるのが上手な調理の仕方です。
便利でお得な蟹通販ですが、蟹通販を利用することの一番の利点だと多くの方が口を揃えるのは、何でしょうか。それは、産地直送の新鮮で美味しい蟹を自宅に取り寄せることができる点に尽きるでしょう。

ここで店頭販売の蟹のことを考えてみると、いくつもの工程を経て店に出ていますから、常に新鮮というわけではありません。

なので、新鮮さを重視して蟹を選ぶ場合、漁港から直接届けられる蟹通販を利用するのが一番の正解だといえるのです。
蟹を安く食べるにはどうしたらいいでしょうか。
どうしたらいいと思いますか?大方の人は蟹を手に入れる一番お得な方法は、スーパーマーケットで捜すことだと考えられるでしょう。意外かもしれませんが、蟹を買うとき、さらに低価格で購入できる手段があるんです。一体全体どうしたらいいのか?それは、所以ありの蟹が販売されている、通販を利用することです。
これが一番安く蟹を食べられる方法です。こうすれば、蟹を安く手に入れることができます。

少し見た目が悪くても、一番お得な方法です。中華料理、いろんなメニューがありますよね。
そんな中、特に高級な料理として有名な上海蟹ですが、上海蟹とは、元は中国で水揚げされる淡水蟹のうちでも、揚子江の下流の方で獲られたものの名称です。

四季に関係なく流通しているので、常に口にすることができますけど、メスでは卵を産む前の時期である10月頃がよく、これはお腹の中に多数卵をふくむためです。

そして、オスでは、上海蟹の白子のまろやかな食感がとりわけ11月ごろにピークを迎え、最高においしい一品として重宝されています。
毛蟹は濃厚な蟹味噌を持ち、とても人気のある蟹の一つですが、実は他の蟹とくらべると小さいです。
そのため、もし間違った選び方をすると、身が隙間だらけの物のあり、おいしく食べられません。
ならば、美味い毛蟹の見分け方はどういう方法なのでしょう。

店先で購入する場合は、そこで重さを基準に選べばいいですが店頭ではなく通販で実際に商品に接することができないときには、販売会社の定めた品質の基準であったり、業績であったりをきちんと調べたうえで購入に至ることが成功の秘訣です。

蟹通販にも多彩な商品があります。
中でもお勧めなのが、殻が向いてあって食べやすく、量も多いポーションタイプの商品です。ポーションは新鮮さでは活蟹に劣りますが、でも活蟹は、専門店ならともかく、自宅でさばいて食べるのはナカナカ大変です。沿うした煩わしさ抜きで、簡単に蟹を味わうには、殻が剥かれたポーションの蟹を買い、それで蟹鍋をするのが最も幸福感を得られる味わい方でしょう。

また、蟹はやはり丸ごとでないと!という方は、ネット通販なら所以ありの蟹を安く売っているので、普通に買うよりお得に蟹を堪能することができます。
今後はこれで決まりですね!メスのズワイガニは別名セコガニです。ある場所では、それ以外にもセイコガニや香箱ガニという名前で呼ばれることもあるようです。

ズワイガニの雄では、カニ味噌も美味しくいただけますが、大体は、脚の身をゆでガニや焼きガニ、あるいは鍋などにして食べることが多いです。それにくらべて、より小さいためセコガニは脚の身が少ないとはいえ味噌、内子、外子の間が絶妙なバランスで、大方は、これらの部位をボイルしたものを珍味として楽しむことが多いです。

モクズガニはズガニという名前でも呼ばれます。

モクズガニという名称ならば分かる人もいるでしょう。

この蟹は河川で水揚げされ、鋏が特徴的で、毛が生えているのが観察されます。

甲羅が小さく、手のひらより一回り小さい大きさですが、実は脚の方に着目すると、長いことが特色です。

主としてお味噌汁や炊き込みご飯として、数多くの人に愛されています。

かつては食用蟹の代名詞でもあった渡り蟹。

これは横長の体を持つ蟹で、正式にはガザミといい、瀬戸内海を代表する蟹として知られ、他にも有明海や大阪湾といった浅海に生息します。近年、国産品は貴重になってきています。甲羅の部分だけで15センチメートル以上になる大型の蟹ですが、殻は比較的薄く、最高の美味として知られるメスの卵巣のほか、身肉や蟹ミソも大変美味しいことから、日本各地で食用として重んじられてきました。昔から、渡り蟹といえば、茹で蟹や蒸し蟹にするのが最も普通の食べ方のようですが、味噌汁の具や、パスタにも使われる、用途の広い食材と言えます。

他の水産物でも同様ですが、蟹も実は好きな時期に漁をすることはできず、解禁日というものが地域ごとや種類ごとに決まっています。

皆が好き勝手に獲っていると水産資源が枯渇してしまうので、越前ガニは毎年11月6日、紅ズワイガニは毎年9月1日など、解禁日が定められ、漁をその期間のみに抑えることが定められています。

蟹の旬を逃さないためには、自分の好きな品種について、解禁日を掌握しておくことを御勧めいたします。タラバガニの選び方@間違いないタラバガニ通販ランキング